東京福祉専門学校

東京福祉専門学校

本物の福祉を学ぶことができる東京福祉専門学校

高齢化が進む日本は現在、介護、福祉という事に関して誰もが真剣に考えなければならない時期に来ています。

高齢な方が多くなり、介護施設や福祉施設の増設が望まれますが、
介護や福祉の専門的知識を持っている人材もしっかり育てていかなければなりません。

すでに人材が不足状態にあるこの業界で、本当の福祉を学べる学校が東京福祉専門学校です。
この学校の特徴として、毎日地域のお子さん、高齢者、さらに障害をお持ちの方、そのご家族が来校するという特徴があります。

東京福祉専門学校で学ぶ学生が、学ぶ対象とする方々と関わる事が出来る空間は、
将来必要となってくるコミュニケーション能力や、人とのかかわりの大切さを学ぶ場所です。

学校の中に福祉相談所?こども教室?

この学校の中には、福祉相談所やこども教室があります。
福祉相談所には高齢な方や傷害をお持ちの方、またそのご家族が訪れ、その方々の相談に乗り問題を解決していくことで学生が学ぶ場です。

福祉の現場ではお子さんと接する時間も多くなります。
地域に暮らす子供たちがこの学校のこども教室に気軽に通う事で、学生たちはお子さんに対して様々な保育プログラムを実践します。

お時間がある方は、こちらもどうぞ。
実際にお子さんと共に時間を共有し、保育プログラムを通じどのような成長があるのか、学校にいながらすでに経験ができるのです。

また東京福祉専門学校の中には、高齢者サロンが設けられています。

高齢者が気軽に利用できるサロンでは、学生と高齢者が自然とコミュニケーションをとっています。
人との交流が苦手という方も、実習等に行かずともここで、能力向上できるという点が魅力です。

取得できる数々の資格

東京福祉専門学校で学ぶ学生は、将来、福祉や介護の現場で活躍したいと考えている学生です。
この学校で学ぶことで、様々な資格取得に挑めます。

専門的知識と実践力を磨くことができるこの学校で取得できる資格はさまざまなものがあります。

お子さまから高齢者まで支援が必要な人を支える社旗福祉士、心の悩みを持っている方の相談に乗り、
心を軽くする対応ができるようになる精神保健福祉士、高齢者、傷害をお持ちの方のサポートをする介護福祉士、お子さんと保護者の暮らしをサポートできる保育士、
さらに障害をお持ちの方が社会復帰、また生活が少しでも向上するようにお手伝いできる作業療法士、こういった資格が取得可能です。