有利になる資格

ノート

就活に有利になる資格を取得しよう

資格があるのは当たり前、という状態になっている就活の現場です。
昔は企業に就職してから必要な資格を取得していけばいいと考える企業が多かったのですが、
近年企業が欲しいと思う人材は「即戦力」になる人材です。

つまり資格を保有していてなおかつできれば、経験が多少なりともある方がいいという状態といえます。

新卒の就活の中でもIT系の資格やTOIEC、英検などの英語力を見せられる資格、さらにどの業界でも、
学生時代にとれる資格をきちんと取っている学生が求められています。

これから、就活される方の中で、「就活に活かせるような資格なんてない」という方もいると思いますが、
すぐにでも受けることができる就活に有利な資格がありますので、出来れば取得しておきましょう。

IT系資格は有利になる

どの企業、どの職種でも必要になるのがパソコン、IT系のスキル、資格です。
技術をその場でみせる事が出来ないのが就活です。

面接担当官や採用、人事に関わる方がその方のスキルとして注目するのが資格です。

今すぐにでもチャレンジできる資格として、ワード、エクセルなどのアプリケーションソフトの能力を証明できる資格として、
Microsoft Office Specialistを受けておきましょう。
この資格は、少し前までMOUS「Microsoft Office User Specialist」という名称の試験でした。

この資格試験は受験資格に制限もなく、全国一斉試験が月1回から2回、随時試験も行われています。
そのため、誰でもいつでもチャレンジできる資格試験です。

受験料は一般10,290円、Expertが12,390円です。
合格基準は80%程度以上の得点で、合格率も80%と比較的高いので、ぜひ受けておきましょう。

証券会社や金融機関志望者なら二種証券外務員

金融業界や証券業界に就職したいという人には、二種証券外務員という試験がオススメです。

この試験は2004年までは日本証券業協会の役職員以外受けることができませんでしたが、現在、一般の方も受けることができるようになっています。
この資格に関しても、受験資格に制限がなく、試験も随時行われているため、志望就職先が証券業界や金融業界という方にオススメの資格です。

合格基準は得点の70%以上となっていますが、頑張れば取得できる範囲です。

試験日が平日なので、転職者の方はお休みを取る必要がある方もいると思いますが、
学生さんは平日でも可能だと思いますので、ぜひ、チャレンジしておくといいでしょう。

この他にも、Yahoo!インターネット検定で様々な検定を受けることができます。
インターネットエキスパートやタイピングマスターエキスパートなどは、事務系の方に必要なスキルを証明するものとなりますので、受けておく価値ありです。

いつでも受ける事が出来る資格試験は他にもありますので、自分が希望する職種に関連性の深いもの、
また業務内で利用する事が多いスキルのものであれば受けておくと就職に有利な資格になります。